So-net無料ブログ作成
検索選択

今年劇場で観た映画より良かった [映画]

maiinntann 1.jpg
そろそろ今年の劇場鑑賞作品ベスト10を選ぶ時期ですが、これは今年劇場で観た映画よりも面白かった。録り貯めてある沢山の映画の中からやっと本作を観る日がきました。もう、最高です。劇場で観てれば私の今年のベスト10に間違いなく入ってます。今の自分とも主人公の立場がかぶるということもあり、なおさら感動したのもあります。終始涙目になってしまい、時には笑い声をあげ、切なくなり、最後は幸福感でいっぱいになります。まるでメリーポピンズ大人版という感じ。天使のロバート・デニーロでした。何か自分も人生の晩年が近づき、役に立つことができたらいいなと思う映画でした。ブルーレイ買おうかな。翻訳もいい。「クラシックは不滅」。いろんな意味で。
my-intern-bag-700.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

削除しない映画の1本 [映画]


「山」(1955)鑑賞。この映画と出会って幸せでした。私の映画ライフは、劇場に毎月2回以上は通うこととブルーレイなどパッケージソフト鑑賞、そして3台のレコーダーに録りためたハイビジョン映画を観ること。こちらは200本以上録りためてあります。その中のクラシック名作を鑑賞、3カ月だけ契約してたスターチャンネルのおかげで観るチャンスを得ました。
山.jpg

大筋は次の通りです。
  親ほど年齢の離れた兄弟、兄(スペンサー・トレーシー)はベテランの登山ガイド。しかし、10年ほど前に事故を起こしそれ以来山には上っていない。弟(ロバート・ワグナー)は破天荒。今の貧しい暮らしにあきあきして金持ちになりたい。二人が祖父の代から住んでいる家を売ると言い出すわがままな人間。身寄りがなく細々と二人は暮らしていた。
 インド発の飛行機がアルプスに墜落し、1度目の救援活動で兄の友人がクレバスに落ちて命を落とす。かつての事故で登山に自信がない兄は手伝うことにしり込みしてしまう。そんな中、上昇志向の強い弟は墜落現場へ行って死亡者の金目の物を奪いに行こうと兄を誘う。道義的に賛成できない兄だったが、弟が一人で行くと言い出すので、仕方なく承諾してしまう。
 厳しい岩登りや雪原を超えて墜落現場に到着すると、弟は金目の物を漁りだす、ところが生存者が1名発見される。兄は地上へ下す決意をするが、弟は盗みがばれることを恐れ生存者の首を絞めて殺そうをする。とうとう兄は弟の行動を悲観して殴り倒してしまい。弟を置いて山を下り始める。置いてかれた弟はそれでも兄を慕い、しばらくして足跡を頼りについてゆく。下山途中クレバスにかかる雪橋にたどり着くが2本あるうちの1本はストックは深く刺さり、雪の固まりが弱いので兄はもう一方の雪橋を渡る。しかし渡り終えると同時に橋が崩れ去るのだった。遅れて到着した弟は残った雪橋を渡ろうとするが、兄は止める。しかし、弟は兄を信用せず自分を困らせるためにうそをついてると思い、渡ってしまった。弟は深い谷底へ落下してしまった。
 兄の顔には大きな悲しみと同時になんとも言えない複雑な表情が。そして雪原を越え兄は生存者の女性を長い距離を抱きかかえながら歩き続け救出に成功する。
 どうして山に登ったのかという警察の事情聴取に、兄は「すべて自分が仕組んだ計画で、止めようとした弟を振り切り泥棒をするために墜落現場に行った」と言い張る。しかし周囲の仲間は誰もそれを信用しない。弟がすべてやったことだと分かっているのだ。 以上
 
 一見してすぐにこの映画がその後の山岳映画に与えた栄光は多大だなと分かりました。
 制作した時代のことですから当然崖を上るシーンは岩山のセットであり、下界や遠くの山々は合成しているわけです。ところが実写撮影よりもスリルが感じられます。セットと合成シーンの角度や高さが見事にマッチしています。クリフハンガー バーチカル・リミット アイガー・サンクションは絶対にこの作品を意識してますね。特にはるか下の地上が合成なのにほんとに高くて怖い。
 年の離れたわがままな弟を、親代わりに育ててきた兄の愛情は見事です。それがあるために山の頂上まで泥棒しに向かうと言ってきかない弟に付き合う羽目になります。私は承諾した理由の一つに兄のトラウマを払しょくしたい気持ちが大きかったのではと思いました。厳しい岩登りの最中に宙づりになった弟は、音をあげあきらめようと兄に訴えます。兄はそんな弟を励まし頂上まで連れて行くのです。ここは「なんで泥棒をしに行くってのに、弟を助けるんだ?」と思うシーンですが、弟の命を守るには一緒に行かなければならないと決心するわけです。命より大切なものは金目のものではなく愛情だったりということを伝えたかったんだと思います。兄もこのシーンでは泥棒の手伝いをしてることを忘れていました。
 ところが目的地に着くと苦労して上ったこともわすれて弟は金品を集め始めます。複雑な表情で兄は弟の行動を見てますがなんで止めないのかなぁと私は感じました。これから冬になり機体は雪に覆われ春まで調査隊が来ません。春になり現場から金目のものが奪われていることが分かったら、うそをついていられるのか。おそらくこの時代のことですから、墜落現場は放置したままにしておくのではないかと思いました。
 だから、生存者を登場させて、救出することで地上に下したら現場にいたことがばれていますと弟は不安になり、生存者を殺そうとしたのだと思います。
 弟がクレバスに落ちて死ぬんだろうということは布石があるので読めます。落ちた後アップになる兄の表情は何を語っているのだろうか。私はあえて兄が弟の死に場所を与えたよう見思いました。何があろうと弟は絶対に登山をやめなかったろう。金目の物を奪っても必ず見つかり破滅するだろう。おそらく二人とも。いずれ二人が破滅するのなら山で死ぬのもいいだろう。兄はかつてのトラウマを払しょくし満足をもっての破滅へ。弟は警察にやがて捕まる破滅。二人の死への登山だったんだと私は考えました。ところが、二人だけの登山に生存者というキーポイントが現れた。ここで兄は生へ再出発の下山を始めました。弟を叩きのめし、クレバスに落ちて死んだことや泥棒のことをすべて自分で背負い罪を背負うことになります。しかし、これはたった一人残った年老いた兄の再生のスタートだったんだなと、深く深く私は感動が残りました。なのでこの映画は削除せずに保存してあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ランボー最後の戦場」でオマージュ発見 [映画]

「 尊敬の気持ちを表したもの。敬意。」オマージュの意味ということですが、要するに過去の映画で作られたシーンを、新作の中に取り込んで過去作に敬意を表するということになると思います。パクッていても少しも嫌味にならないということでなければならないのかなと、私なりの定義が個人的にあるのであしからず。「スーパー8」なんてまさにスピルバーグ大好き人間であるJJエイブラハムがてんこ盛りしてましたね。super8.jpg
さて、先日スターチャンネルで「ランボー最後の戦場」の放映があったので、この「人間破壊」映画、最後まで観てしまいました。すると昔初めて観たときには気が付かなかったんですが、今回気づいてしまいました。軍事政権の悪人どもにとらえられたアメリカ人を救出して逃げる最中にグループの一人が足を怪我してしまうんです。置いてゆくわけにもいかず担架で運ぶことになりますが、これは「ナバァロンの要塞」とデビッド・リーン監督の「戦場にかける橋」でもあったシーンでした。ランボーの過去の名作に対するオマージュを感じたシーンで、それを見つけた私はとてもうれしくなりました。たくさん映画を観てきたおかげだなぁ。
ranbo.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

sokosokoでいいんです。 [映画]

2016年10月17日 TOHOシネマズ渋谷にて「ジェイソン・ボーン」
おそらくこの映画を観た多くの人たちはかつての3部作と比較しての評価をくだすのだろうと思うけど、最後の作品からの年月を考えるとそれを期待してはかわいそうかなと思いました。私がこの映画を観て最初に感じたこと。インディー・ジョーンズクリスタルスカルの王国やスターウォーズ フォースの覚醒、ロッキー・ザ・ファイナルを観た時と同じような気持になってました。主人公は結構年を重ねているのでワクワク感というよりも、お帰り~というか久しぶりだねと挨拶したくなるような。つまりて往年のアクションシーンは期待できない、別の要素で観客を楽しませなければならない。そういう意味でラストの車の大追跡シーンは足りない部分を補うための手段であったのだろう。そりゃ今までのシリーズのように肉弾戦はみせてくれますが、かつての3作品のような軽快さは少ない。目が回るほどのカメラワークに助けられてますかね。
 でも、物語的には単純で分かりやすいのは助かりました。新しいシリーズ?のプロローグとしてはこれでよいとは思います。前作までのベテラン女優ジョアン・アレンから若いオスカー女優のアリシア・ヴィキャンデルにボーンを追うCIA女性スタッフが変わりましたが、これは良かった。おそらく今回の根底にあるであろうテーマかもしれないな。歳を重ねたジェイソンボーンとCIA長官のトミー・リー・ジョーンズも対比するように新人女性CIA局員、そしてCIAの新たな作戦と関わるインド系の青年IT会社のCEOの存在、どこか年寄りと若者との対峙の構図の雰囲気がずっとついて回ります。
 「邪魔な年寄りは排除」、そしてジェイソン(年寄)をうまく丸め込んで新しいCIAのために彼女の上昇志向は成功かと思いきや、そこはジェイソン・ボーン、若い奴の考えはお見通しだぜぃと、見抜き静かに去っていきます。
映画について面白いかつまらないかという批評は意味なしですよね。たまにしか映画を観てない人も年間何10本も観ている人ではも批評の土俵が違う。なので私は、見終わったときに、そこそこの満足以上であれば料金は無駄にならなかったという風に考えるようにしています。そうすると今年は今のところ「そこそこ以下」の映画はないかな。
jason-bourne1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

久しぶりです。 [映画]

スティーブン・キング原作のドラマ化を観たいがために10月まで契約中の「スターチャンネル」にて、結構古い映画を観る機会があり楽しい。こないだドラマ化され放映が始まった、「ウエストワールド」の元になった1973年の映画を観ました。高2の頃だったか、今はない日本橋の「テアトル東京」でロードショウしていた。30代くらいまでのひとならこの劇場のこと覚えているかと思うけれど、画面が床から天井まで、しかも湾曲、床はふかふかの赤い絨毯張りで映画館というよりはミュージカルや演劇を観るための劇場という作り。湾曲している画面は劇場ができた当時流行していた「シネラマ」という放映方式に対応するためのもの。映写機を3台使い3方向からこの画面に向かって上映するわけです。なでので映像は当然つなぎ目が目立ちます。制作にお金もかかるしシネラマ向けの題材も多くないことから興行成績が落ちシネラマ制作は終了。代わりにこの大画面を使って70ミリ映画を「スーパーシネラマ方式」として上映が再開しました。
私は本当のシネラマ映画は見たことがありませんが「西部開拓史」という傑作西部劇があります。輸入ブルーレイで手に入れました。このディスク凄いのは3台のカメラのつなぎ目をデジタル処理で修復して削除しているので、2本の縦線が目障りなDVDと違い完璧な映像です。しかも通常版のほかに「スマイルスクリーン版」といって湾曲した画面で楽しめるようになってます。つまり画面の上下が中央でへこんでいるわけです。スマイル、つまり笑った口ということなんでしょう。湾曲した画面を持つシネラマ方式上映のための映画館は東京にはあと二つありました「渋谷パンテオン」、「新宿ミラノ座」、さらに私が14歳の時に「新宿プラザ劇場」が作られえました。パンテオンでは「ジャワの東」「ミラノ座は「ジョーズ」、プラザ劇場は「ジャッカルの日」を観たのが懐かしいです。
さて、劇場話ばかりして「ウエストワールド」のことを忘れてました。原作、監督はマイケル・クライトン。あの「ジュラシックパーク」の原作者です。「ウエストワールド」があの恐竜映画の下地になっているのははっきりと分かりますし、私は恐竜よりもこちらのロボットの世界のほうがリアルで怖かったです。その世界に入り込むと一体だれが本物の人間でロボットなのか分からなくなるし、壊れたロボットを修理する場面はまるで病院で治療しているか、死体安置所のようでぞくぞくしてしまいます。「荒野の七人」の主演のユル・ブリンナーが同じ黒い服で登場するのも楽しい。そして何より後半40分はひたすら主人公がこの黒服男に追われ続けます。この後作られた映画でこの長い追跡シーンを参考にした作品はたくさんあると思います。まず頭に浮かんだのはスピルバーグ監督は「激突」で参考にしたに違いない。さらにラスト、これはもうターミネーターでしょう。焼け跡から這い出てくるあの金属ロボットのシーンはまさにこれだ!
機械が壊れロボットたちが反乱を起こす。これまたターミネーターだな。機械が壊れた理由が全く分からない。ヒッチコックの「鳥」か。何しろいろいろな映画のエッセンスが詰まっている映画です。1000ドル出せばその世界に入り込むことが可能なんですって。141408_01.jpg141408_01.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

IMAX3Dにて [映画]

オデッセイ」鑑賞。3D映画は2Dカメラで撮影したものをバージョンアップしたフェイク3Dと3Dカメラで撮影したリアル3Dとがあるそうで、フェイクかリアルか紹介しているサイトがあるのでそれを参考にして映画館に行くようにしています。本作はリアルと紹介されてたので、せっかくなのでIMAXで観ました。シルバー料金のおかげで1900円。
 映画を観る楽しみは作品の内容も大切だけど、やはり私は女優ですね。ハンガーゲームジェニファー・ローレンス観たさに3部作すべて鑑賞。
マット・デイモンはあまり好きな俳優ではないが、予告編を観てた時から、ジェシカ・チャスティン、ルーニー・マーラ、クリスティン・ウイッグが目に留まり期待大でしたね。特にジェシカ・チャスティンは[ツリー・オブ・ライフ」の美しい母親役から私はファンになりました。
 いい映画です。コメディとは言えないけどそれに近い感覚で観てました。ふふっ、むふっと声がでてました。20151104121145c2db8adb1b7bc8ad5f833e7233241adf.jpg.png20151104121145c2db8adb1b7bc8ad5f833e7233241adf.jpg.png
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

リピート鑑賞 [映画]

今年は合計38本の映画映画館で鑑賞。
そのうちリピート作品が2本。
ゼロクラビティ
インターステラー
これらは私の生涯でも何本かの好きな映画になりました。

生涯の映画というとクラシック作品が多いのですが、やがてこの2本もクラシックになっていくに違いないですが、間違いなく後世にのこる傑作であります。

川崎でいつも映画を観るわけですが、家まで10キロなのでジャージで出かけ
帰りはラン。これもワンダフル

5a7a95abc6577a31711060c5014b668f[1].jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

渋谷の映画館 [映画]

マラソンに没頭していたので更新できずにいました。
2011年7月、川崎市に引越しました。実家の周辺に戻っただけの事ですが、幼少から25歳まで人生の半分近くの時間を過ごした町ですから、懐かしさと安心さが入り混じった感情になります。しかし、実家のある武蔵小杉は大開発のため高層ビル工事が進んで未来都市のような趣になりつつあります。便利になるのはいいけれど古き良き時代の面影はどんどん失われていくのです。小学生の頃通った綱島街道沿いにあった映画館はファミレスになっています。
 さて、引越す前は目黒区に済んでおり渋谷まで乗ってしまえば7分の距離。当然映画を観るなら渋谷を中心としていました。しかし、古いビルが乱立しているため、当然シネマコンプレックスのようなものはない。かつて渋谷パンテオンや渋谷東急など4館が入っていたビルは「hikarie」になってしまっています。
 中学生の頃から映画は渋谷で観ていたので映画館が少なくなるのは寂しい気持ちになりますね。ただ、以前の「渋谷東宝」が「渋東シネタワー」に変わり地下1階から7階までの映画館ビルで頑張っていました。

渋谷東宝1sibutou1[1].jpg渋谷東宝

渋東[1].jpg渋東シネタワー


このビルは2011年7月から5ヶ月間の工事があり「TOHOシネマズ渋谷」へと様変わりして12月から営業再開しています。再開して直ぐに行ってみて新しい壁の臭いとフカフカの絨毯、そして大音響には驚きでした。特に2月に観た「メランコリア」は最後に地球に惑星が衝突するシーンは映画館が破壊されるのではないかというほどの大音響!ほんとに物凄かった!これはホームシアターでは絶対に感じることはできません。新しい劇場は座席もゆったりとしているので得した気分なりますよね。もちろん名画座のようなギシギシと音が鳴る椅子や、大きな音を立てるクーラーも好きです。(これは古い映画を観る環境だからこそなのですね)映画というのは作品だけでなく映画館とともに体感するところに面白さもあるということです。TOHO渋谷dsc_0590[1].jpgTOHOシネマズ
ビットCAURHSRN.jpg窓口での入場券販売は?

 
渋谷にはかつて名画座では高校生のころよく通った「渋谷全線座」がお気に入りでした。
「ロミオとジュリエット」、「フレンズ」、「さらば友よ」などそして戦争映画の傑作「パリは燃えているか」は素晴らしかった。ここは現在東急インになっています。
 最近は曜日割引やメンズ割引する映画館もあるのでそういう時を狙って渋谷に行くこともしばしば。けれど先述のように私は映画館も映画鑑賞に必要な要素と考えるので、劇場の環境により作品に完全に入り込めず物足りない時もあります。
木曜メンズ割引1000円は「渋谷シネパレス」。ここは落ち着いた雰囲気もあり結構気に入っている。但し座席が狭く下手すると膝が前の席の背もたれに当たる。シネパレス1257336895_photo[1].jpgシネパレス


シネパレス2CAMPHNUZ.jpg
そして、水曜1000円の「ヒューマントラストシネマ」。3館あるうちのシネマ3。ここはひどいです。これなら名画座の「早稲田松竹」が勝っている。ここに1800円のお金を払う意味はまったく無い! まず、スクリーンが小さすぎ。劇場のつくりがMLBのグランドみたいにいびつな形をしています。3館あるうちのひとつがこれ。あとは一応映画館ぽいとは思うけど黒地の壁や天井は好きになれないな。ま、1000円の時にしか行かないからいいか。
トラストimagesCAWBTKSR.jpg

トラストimagesCAWDE22S.jpgひどいぞ!このスクリーン

 今のところ新しいTOHOシネマズが私的にはまともかな。
営業再会してから、「タンタンの冒険」、「メランコリア」、「タイタニック3D」と3回お世話になりました。渋谷のでっかいTSUTAYAにCDレンタルしにいくときなどに訪れています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

13歳から15歳の感受性 [映画]

幼少のころから映画は沢山観てきていますが、57歳になった今でも直ぐに心に浮かんでくるタイトルは中学1年生から3年生くらいまでの頃の映画ですね。
感受性が高まり始めるこの頃に映画に興味をもち劇場に運び、スペクタクルを中心にお色気物も含めもっとも記憶に残っている時代だと思います。
 その作品は大人になり何回観ても嫌いにならず飽きもせず、常に新しい発見をしてしまうのです。
 「猿の惑星」
 「ベン・ハー」
 「2001年宇宙の旅」
マッケンナの黄金[1].jpg
 「マッケンナの黄金」
 「アラビアのロレンス」
ジャワの東e2b3116e49[1].jpg
 「ジャワの東」
ある兵士の賭け_1[1].jpg
 「ある兵士の賭け」
 「栄光への5000キロ」
大脱走[1].jpg
 「大脱走」
 
れまげん[1].jpg
「レマゲン鉄橋」
ヨーロッパの解放[1].jpg
 「ヨーロッパの解放3部作」
バルジ[1].jpg
 「バルジ大作戦」
       
 ベン・ハーやアラビアのロレンス、大脱走、バルジ大作戦はリバイバル。戦争映画やシネラマ、70ミリやはりスペクタクル物が中心ですね。
 ジャワの東はいかにもシネラマという映画でぜひとも観たいのですが、リバイバルはおろか、DVDにもなっていない。石原プロの2作 ある兵士の賭けは初めて映画館で号泣した記念すべき作品。栄光への5000キロは近々チャリティ上映とブルーレイ発売がありそうです。こうして書いていると他にもあの頃観た映画のタイトルがどんどん出てくるな。
 地元の3本出て洋画劇場や邦画劇場から自立して都心のロードショウ劇場へ行くようになって私の映画人生も変化してきました。
 アラビアのロレンスはリバイバルのたびに必ず劇場に出かけてますよ。
この中で私がお薦めしたいのは「マッケンナの黄金」です。テアトル東京に「ベン・ハー」を観にいったとき予告編に圧倒されてしまい。西部劇好きの私は絶対にシネラマで観たいと思っていたのに残念ながら希望はかなわず地元の3本出て劇場「モンブラン」に来るまで待ちました。
テアトル東京1[1].gif
 広大な砂漠、激流、インディアンの襲来、高い崖、騎兵隊そして最後に待つ超スペクタクル。これで機関車が出てきたら西部劇の要素はすべてそろいます。
黄金探しの登場人物が途中まで大人数なのにあっさりとインディアンに襲われ途中から数人なるという多少乱暴なところはありますが、これも最後のスペクタクルと何故タイトルが「マッケンナの黄金」かと理由が分かったときのうれしさですべて許せます。大好きな映画です。
最近では戦争映画でドイツ軍を悪者にしてスポーツ映画のようには作りませんが、バルジ大作戦やレマゲン鉄橋のように、当時はまだ何本かありました。その中にあってソ連が作った「ヨーロッパの解放は」すごかった。内容はちんぷんかんぷん。戦車の重厚さに目を見張っていました。
そして最後にもう1本「バーバレラジェーン・フォンダの美しさに圧倒されます。
3de54cb718c9c7204ab0d60715d323f1[1].jpg51zalZ5UV6L._SL500_AA300_[1].jpg

なんていってますが中1の時渋谷パンテオンでは観ることができませんでした。なぜかというと余りにもエロチックで見る勇気が無かったのです。友達は平気で行ったようですが私はダメでした、ブルーレイが発売されてやっと現実になりました。これは中1では普通観ないよ。 
渋谷パンテオン.jpg在りし日の渋谷パンテオン。現在のヒカリエ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この爽快感は? [映画]

悪の経典.jpg
それほど日本の娯楽映画を沢山観たわけではないが、これはいい!
AKBの大島優子がばかな発言をしたみたいだけど、個人の評価はあって当然だから、彼女なりの感想だったのだろう。しかし、日本映画でこれだけパワフルなサイコ物は初めてなんじゃないか。レクター博士にならぶとは言わないが、ホラーの分野に入れてもよいだろう。
 高校といういかにも不純な舞台だから許せるし笑えるわけですよ。この映画が分からんという人は、もしも舞台が病院幼稚園小学校だったらどうしますか。これではさすがに設定が悪すぎる。弱々しすぎるターゲット相手にライフルをぶっ放しても、心痛しか残らない。沢山の問題を抱える高校だからいいのです。警察でも良かったと思うけど、そうなると互いに打ち合いになってしまい。主人公が最後射殺されて終わってしまう。
 そして、武器が散弾銃であることにも意味がある。ナイフや包丁で切り刻むような痛みより、ドパン!といってはじけ飛ぶほうが絵的に映るでしょう。隠れもせずハスミンが、堂々と信用していた相手に銃を向けていく怖さは、本当は人なら誰でも持っている邪悪な面ではないかなと思うのです。理性と良心があるから実際には現実にはならないが、それでもサイコキラー的な事件は昔から現実におきているわけだし。完全なフィクションとは言い切れない面もある。
 悪人のハスミンを内心応援してしまったり、スカッとする理由は映画の中の出来事だから、自分にとってのフィクションとして感情移入できてしまうわけです。観終わった時の変な爽快感は自分たちの悪の心を身代わりとしてハスミンが実行してくれたものだと思いますよ。
だから「経典」なのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画