So-net無料ブログ作成
-| 2012年09月 |2012年10月 ブログトップ

テアトル東京の思い出 [映画]

映画好きとしてはテアトル東京を語らずにはおれません。1960年代はシネラマ劇場として君臨した、巨大スクリーンの映画館です。私が始めて訪れたのは昭和43年(1968年)猿の惑星で都会の劇場デビューを果たした私は次々と渋谷や新宿の映画館に行っては洋画三昧。当時は映画人気もあり予告編番組もありまして、そこで見つけたのが「2001年宇宙の旅」。シネラマのかっこいいロゴにも惹かれて、テアトル東京に行ってみたいと思いました。入場券が「全席指定、前売り方式」。わざわざプレイガイドで鑑賞券を買うという現在では考えられない手間がかかりました。当時は単館ロードショウでしかも同じ作品を半年ぐらい上映しているわけです。こういう豪華さも行ってみたいという気持ちにつながるものです。湾曲したスクリーンは床から天井までの巨大さで、品川にあったIMAXシアターくらいの大きさかな。客席はふかふかの絨毯張りでとても映画館とは思えないほどでした。行くだけの価値はあります。映画は作品の面白さプラス観賞条件があってこそ楽しめるものだと思っているので、ここは間違いなくベストな映画館でした。
img_1180759_35163678_0[1].jpg114761406[1].jpgimageCAFGT9RW.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

猿の惑星と初めてのロードショウ劇場 [映画]

images[3].jpg
今となってはラストの驚愕はありませんが、やはり何度見ても面白い。これと続・猿の惑星で私の中では完結してます。初めて都会のロードショウ劇場に行った記念すべき作品です。それまでは地元の邦画封切館と遅れて公開の洋画3本立て劇場しか知らなかった私はまじめに何を着ていくか迷いました。みんな正装なんだろうと考えてました。それくらい子供で田舎者だったのです。13歳だったのに。黒部の太陽に続き映画にまつわる恥のひとつ。結局中学に入学していたので制服で今はない「渋谷パンテオン」に行った所、周りの人がみな服装がばらばらでびっくり。あれだけ緊張して出かけたのに。しかも結末を先に観た友達に知らされていたので、驚きも半減でした。すぐにネタバレしてしまう習性はこれがきっかけかも。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チネチッタ川崎 [映画]

チネチッタ1.JPG
イタリアのチネチッタスタジオを参考にしたそうです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

黒部の太陽 予告編と川崎チネチッタ [映画]

29200_CINECITTA劇場内[1].jpg なんせ45年の思いがあるので「黒部の太陽」についての話は簡単に終わりそうにありません。予告編をゲット。フィルムの状態も良好です。昭和40年頃は日本映画は現在のように1本立てロードショウスタイルではなく必ず2本立て。それも怪獣映画と青春物とか実にアンバランスな組み合わせ。せっかくだから2本見なくては損だし、そういう映画を観て結構人生勉強したのかも知れない。
 今は主要な駅や街に映画館があるけれどこのころはそこらじゅうに封切館が在った。地元の武蔵小杉に邦画のロードショウ館、外国映画を3本立てで上映するモンブランという汚い映画館が在った。電車の二駅先にも洋画の3本立て。3駅乗れば別の映画会社の邦画上映館在りという状況。日活や東宝、松竹、大映などそれぞれが上映館を持っているということです。黒部の太陽はそういう映画会社の壁を取っ払ったという意味でもすごい作品です。
 子供だった私はそのことは単にスペクタクル映画としての興味しかなかったので、現在のように大人になり知識もあってから観ると内容が実に良く分かる。少し勿体ない気もするけど。子供の頃の気持ちで観ることは無理ですね。川崎チネチッタは写真で紹介しましたが、ほんとにいいです温故知新のシネマコンプレックスです。70年来の映画街だった歴史のある場所に君臨しています。109シネマズやTOHOシネマズが徒歩10分以内の場所にあるけど、雰囲気で観るならここですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

裕次郎の夢 [映画]

417798ccfd046a74d64185467755d2fb[1].jpg

yujiro_main[1].jpg
このニュースで発見!

黒部の太陽 [映画]

poster[1].jpg 私が小学校6年生の冬にこの映画は後悔されました。東日本大震災のチャリティをかねて45年振りに映画館での上映となりました。実はこの作品は私にとって悔いに残っている映画なんです。5年生から6年生にかけて身長がぐんぐん伸びて、170cmにとどいていました。昭和43年ですからそんな巨大な小学生はほとんど見ません。町を歩くのも目立って恥ずかしかった記憶があります。
 友達と一緒なら普通に小学生料金で入れるのですが、一人のときは心配で小学生といっても信じてもらえないかもと思い、このときだけは何故か中学生と言ってしまったんです。そうしたら窓口の女性が中学生なら学生証を見せなさいと要求してきて、そんなこと知らない私はパニックに陥り「本当は小学生なんです」と説明したんですが、この身長ですから信じてもらえず「嘘でしょ」と言われ、どんどん深みにはまっていきました。
 結局逃げるようにその場を去り、「黒部の太陽」を見ることはかないませんでした。
 そういう状況から45年が過ぎ、「あの時」以来の公開のニュースを知り、絶対に観なければならないと決めていました。学生証も必要ない。ごまかす必要がない。すごく楽しみにしていました。先日BSで放送があったのでもちろん録画しましたが、海外公開版ということで結構カットされてるシーンがあったとのこと。45年前を知らないのでどこがカットされてるかは知る由もありませんが。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブログスタート! [映画]

急ぎ足でブログ開設しました。少しずつ構築していきますのでよろしく!なんせ60歳まであと3年という立場です。ツイッター、facebokにも手を出しているおっさんです。映画について色々な観点から語りたいと思います。
080526001_20080526223834[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

-|2012年09月 |2012年10月 ブログトップ