So-net無料ブログ作成
検索選択

渋谷の映画館 [映画]

マラソンに没頭していたので更新できずにいました。
2011年7月、川崎市に引越しました。実家の周辺に戻っただけの事ですが、幼少から25歳まで人生の半分近くの時間を過ごした町ですから、懐かしさと安心さが入り混じった感情になります。しかし、実家のある武蔵小杉は大開発のため高層ビル工事が進んで未来都市のような趣になりつつあります。便利になるのはいいけれど古き良き時代の面影はどんどん失われていくのです。小学生の頃通った綱島街道沿いにあった映画館はファミレスになっています。
 さて、引越す前は目黒区に済んでおり渋谷まで乗ってしまえば7分の距離。当然映画を観るなら渋谷を中心としていました。しかし、古いビルが乱立しているため、当然シネマコンプレックスのようなものはない。かつて渋谷パンテオンや渋谷東急など4館が入っていたビルは「hikarie」になってしまっています。
 中学生の頃から映画は渋谷で観ていたので映画館が少なくなるのは寂しい気持ちになりますね。ただ、以前の「渋谷東宝」が「渋東シネタワー」に変わり地下1階から7階までの映画館ビルで頑張っていました。

渋谷東宝1sibutou1[1].jpg渋谷東宝

渋東[1].jpg渋東シネタワー


このビルは2011年7月から5ヶ月間の工事があり「TOHOシネマズ渋谷」へと様変わりして12月から営業再開しています。再開して直ぐに行ってみて新しい壁の臭いとフカフカの絨毯、そして大音響には驚きでした。特に2月に観た「メランコリア」は最後に地球に惑星が衝突するシーンは映画館が破壊されるのではないかというほどの大音響!ほんとに物凄かった!これはホームシアターでは絶対に感じることはできません。新しい劇場は座席もゆったりとしているので得した気分なりますよね。もちろん名画座のようなギシギシと音が鳴る椅子や、大きな音を立てるクーラーも好きです。(これは古い映画を観る環境だからこそなのですね)映画というのは作品だけでなく映画館とともに体感するところに面白さもあるということです。TOHO渋谷dsc_0590[1].jpgTOHOシネマズ
ビットCAURHSRN.jpg窓口での入場券販売は?

 
渋谷にはかつて名画座では高校生のころよく通った「渋谷全線座」がお気に入りでした。
「ロミオとジュリエット」、「フレンズ」、「さらば友よ」などそして戦争映画の傑作「パリは燃えているか」は素晴らしかった。ここは現在東急インになっています。
 最近は曜日割引やメンズ割引する映画館もあるのでそういう時を狙って渋谷に行くこともしばしば。けれど先述のように私は映画館も映画鑑賞に必要な要素と考えるので、劇場の環境により作品に完全に入り込めず物足りない時もあります。
木曜メンズ割引1000円は「渋谷シネパレス」。ここは落ち着いた雰囲気もあり結構気に入っている。但し座席が狭く下手すると膝が前の席の背もたれに当たる。シネパレス1257336895_photo[1].jpgシネパレス


シネパレス2CAMPHNUZ.jpg
そして、水曜1000円の「ヒューマントラストシネマ」。3館あるうちのシネマ3。ここはひどいです。これなら名画座の「早稲田松竹」が勝っている。ここに1800円のお金を払う意味はまったく無い! まず、スクリーンが小さすぎ。劇場のつくりがMLBのグランドみたいにいびつな形をしています。3館あるうちのひとつがこれ。あとは一応映画館ぽいとは思うけど黒地の壁や天井は好きになれないな。ま、1000円の時にしか行かないからいいか。
トラストimagesCAWBTKSR.jpg

トラストimagesCAWDE22S.jpgひどいぞ!このスクリーン

 今のところ新しいTOHOシネマズが私的にはまともかな。
営業再会してから、「タンタンの冒険」、「メランコリア」、「タイタニック3D」と3回お世話になりました。渋谷のでっかいTSUTAYAにCDレンタルしにいくときなどに訪れています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: