So-net無料ブログ作成
検索選択

13歳から15歳の感受性 [映画]

幼少のころから映画は沢山観てきていますが、57歳になった今でも直ぐに心に浮かんでくるタイトルは中学1年生から3年生くらいまでの頃の映画ですね。
感受性が高まり始めるこの頃に映画に興味をもち劇場に運び、スペクタクルを中心にお色気物も含めもっとも記憶に残っている時代だと思います。
 その作品は大人になり何回観ても嫌いにならず飽きもせず、常に新しい発見をしてしまうのです。
 「猿の惑星」
 「ベン・ハー」
 「2001年宇宙の旅」
マッケンナの黄金[1].jpg
 「マッケンナの黄金」
 「アラビアのロレンス」
ジャワの東e2b3116e49[1].jpg
 「ジャワの東」
ある兵士の賭け_1[1].jpg
 「ある兵士の賭け」
 「栄光への5000キロ」
大脱走[1].jpg
 「大脱走」
 
れまげん[1].jpg
「レマゲン鉄橋」
ヨーロッパの解放[1].jpg
 「ヨーロッパの解放3部作」
バルジ[1].jpg
 「バルジ大作戦」
       
 ベン・ハーやアラビアのロレンス、大脱走、バルジ大作戦はリバイバル。戦争映画やシネラマ、70ミリやはりスペクタクル物が中心ですね。
 ジャワの東はいかにもシネラマという映画でぜひとも観たいのですが、リバイバルはおろか、DVDにもなっていない。石原プロの2作 ある兵士の賭けは初めて映画館で号泣した記念すべき作品。栄光への5000キロは近々チャリティ上映とブルーレイ発売がありそうです。こうして書いていると他にもあの頃観た映画のタイトルがどんどん出てくるな。
 地元の3本出て洋画劇場や邦画劇場から自立して都心のロードショウ劇場へ行くようになって私の映画人生も変化してきました。
 アラビアのロレンスはリバイバルのたびに必ず劇場に出かけてますよ。
この中で私がお薦めしたいのは「マッケンナの黄金」です。テアトル東京に「ベン・ハー」を観にいったとき予告編に圧倒されてしまい。西部劇好きの私は絶対にシネラマで観たいと思っていたのに残念ながら希望はかなわず地元の3本出て劇場「モンブラン」に来るまで待ちました。
テアトル東京1[1].gif
 広大な砂漠、激流、インディアンの襲来、高い崖、騎兵隊そして最後に待つ超スペクタクル。これで機関車が出てきたら西部劇の要素はすべてそろいます。
黄金探しの登場人物が途中まで大人数なのにあっさりとインディアンに襲われ途中から数人なるという多少乱暴なところはありますが、これも最後のスペクタクルと何故タイトルが「マッケンナの黄金」かと理由が分かったときのうれしさですべて許せます。大好きな映画です。
最近では戦争映画でドイツ軍を悪者にしてスポーツ映画のようには作りませんが、バルジ大作戦やレマゲン鉄橋のように、当時はまだ何本かありました。その中にあってソ連が作った「ヨーロッパの解放は」すごかった。内容はちんぷんかんぷん。戦車の重厚さに目を見張っていました。
そして最後にもう1本「バーバレラジェーン・フォンダの美しさに圧倒されます。
3de54cb718c9c7204ab0d60715d323f1[1].jpg51zalZ5UV6L._SL500_AA300_[1].jpg

なんていってますが中1の時渋谷パンテオンでは観ることができませんでした。なぜかというと余りにもエロチックで見る勇気が無かったのです。友達は平気で行ったようですが私はダメでした、ブルーレイが発売されてやっと現実になりました。これは中1では普通観ないよ。 
渋谷パンテオン.jpg在りし日の渋谷パンテオン。現在のヒカリエ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0