So-net無料ブログ作成

デートで映画を観るもんじゃない [映画]

img_615146_24240933_0[1].jpg
小さい頃から高校生まではずいぶん映画館に通いましたが、沢山映画を観るようになったのは実は最近のことでといっても15年ほどになりますが。それまでは仕事や家庭のことに追われていてなかなか気持ちが映画館に向かなかった。
高校時代はバレー部にいたので土日も練習があるし、休みの日は疲れきって家で寝てることのほうが多いので、特別な理由がなくては映画館に行かなかった。
例えばデートとか。しかし、映画はなるべく一人で観て一人で感情移入するものと自負しているので隣に人がいると気になって仕方ない。
必然的に部活をやっていれば映画を観る時間は取れないしかし、観たい。映画好きの先輩に相談したら練習前か練習後にいけるぞ、とアドバイスをもらい。それならと、午後練習の日は初回の上映を観て部活に参加。眠いけど大好きな映画のためだ。
母親も大の映画好きで私が中学生から高校生の頃は一緒に出かけた。母は一人では外出が苦手なため、私がいつも付き添い。結構私の趣味で何本か観に行きました。映画嫌いの父も何故か母のエネルギーに引っ張られ結局家族で出かけたことも何回か有りました。当時は大作のリバイバルブームで「ウエストサイド物語」「サウンド・オブ・ミュージック」「卒業」を観ました。日比谷でしたね。中3で観たリバイバル「大脱走」は胸がおどるほどの面白さ。ブルーレイの発売はまだかな。

私は毎週金曜日の新聞の夕刊の映画案内の写真が大好きで、情報はそこから仕入れたり、スクリーンという雑誌で観にいけない映画の知識はそこから得ていました。そういう映画が今はBS放送で観ることができ幸せです。
大学に入るとバレーボールがさらに忙しくますます映画館通いが大変でした。ちょうど「ジョーズ」が上陸し「ロッキー」が続いた頃です。さすがにこの2本は見逃せません。
先に述べましたがデートで映画に何回か行きましたが余りいい思い出ではありません。
高校時代に1度、大学生で2回くらい(全部違う相手)。相手のことが気になって映画どころではありません。集中できずに困りました。
何を観たか覚えているのは「小さな恋のメロディ」「007死ぬのは奴らだ」「ニューヨークニューヨーク」。何とバラエティに富んでいることか。
images[2].jpg

妻とは何故か気にならずに映画にいけた。何故かな。新宿で「野生の証明」を観ました。結婚してから子供が生まれるまでの間に「ロッキー2」「スーパーマン」と観て長男が誕生した年に「E.T.」です。「E.T.」は妻の生涯ナンバーワンの映画です。
妻とは今でもよく映画観に行きますよ。
二人して観なきゃよかったなと同調したのが「海の上のピアニスト」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。これらは単に楽しめたかどうかという観点での評価。じっくり観れば面白いに違いないし、近いうちにまた観て、考えを改めたいと思う2本です
img_722016_26355711_2[1].jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0